LAB-BOX 135の使い方 おまけ フィルムカッターのしくみ

カッター刃がすぐに戻らないトラブルがある

カッター刃はバネ式

フィルムを切る時に使うカッター刃はここの隙間から突き出してくる。根元にバネが付いていて、一度押し上げられてもバネの力で戻るようになっている。

ところが、使っているうちにサビや汚れなどでうまく戻らなくなることがある。スイッチを押し上げたあと無理やり引き戻すことはできるが、場合によっては分解清掃を検討してみよう。

分解してみよう!?

本体のネジをはずす

LAB-BOXにある4本のネジをドライバーではずす。

こんな感じで2つのパーツに分かれる。刃の周りの構造を確認しながらバラしていこう。元に戻せるか心配な人は初期状態を撮影しておくとよい。動画も◎。

刃の様子を確認。結構サビが浮いてしまっている。

アルコール洗浄液やマイクロファイバーなどでこすってよく拭き取る。

軽い汚れやサビなら落とすことができる。綺麗になって切れ味も復活した。

これは切れ味を確認する悪い例。決して真似をしてはいけない。

バネをひっかけるようにして元に戻す。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA