LAB-BOXの使い方 その3 MONOBATH現像液で現像しよう

モノクロフィルムの現像・停止・定着が一度にできる魔法の薬

1液で3役 自家現像もラクラク

暗室不要の現像ボックスLAB-BOXと同時開発された、
革命的に扱いが簡単なモノクロフィルム現像液がこれ。MONOBATHだ。一般的な現像では3種類の薬剤(現像液・停止液・定着液)をそれぞれ必要とするものだが、MONOBATHはそこをなんと1種類でまかなうことができてしまう。

準備も1:1で混ぜるだけ、時間を測っての薬剤入れ替えの手間もなく、結果として薬剤をこぼす危険性も少ない。排液量も少なく、ニオイもほとんどなし。加えて言えば、薬品の保存スペースも最小限で済む。

購入時は2本に分かれてボトルに入っており、それぞれパートA (A液) 500mlとパートB (B液) 500mlとなる。

2液を1:1で混合するだけ

使用時にはそれぞれの半量ずつ、パートAとパートBを1:1で調合する。LAB-BOXでの現像時には、現像液をフルタンク(490ml断続攪拌)で行うか、少ない量の現像液(300ml連続攪拌)で現像するかを選択できる。

季節によりヒーターなどを利用し、18°C~24°Cの液温にすること。約8分の撹拌で現像・停止・定着が終わる。使用したMONOBATHは他容器に移し、フィルムを水洗する。ここではLAB-BOX中心に説明していくが、MONOBATHを一般的なタンクリール現像に使用することだって可能だ。手間はぐっと楽になるはず。

作った混合液は、およそ15本のモノクロフィルム現像に繰り返し使うことができる。一度現像に使ったあと捨てたりせず、市販の薬品保存用ボトルなどに入れて保存する。

使用を何度も繰り返すうちに、透明だった現像液はだんだん黒っぽく濁ってくる。それでも現像は可能だ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA